第22回 コダーイ・ワークショップ名古屋 開催されました

 2018年 3月25日(日)~28日(水)  

会場:名古屋市東区  布池文化センター

 

詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

  ⇩

ダウンロード
第22回コダーイ・ワークショップ名古屋 お知らせ.pdf
PDFファイル 669.3 KB

 

  講師 伊藤直美のこの期間の帰国に伴う関連講座の日程

   ⇩


コダーイ・ワークショップ名古屋

 

 2002年に名古屋で始まったこの会は、「母語のわらべうたから始め、広い音楽の世界を共有できる子どもに育てる」というコダーイの考えに基づいた音楽教育を、日本でどのように実践できるかを皆さまと共に考え話し合う〝共習会″を目指しています。

 

 これまで、音楽教育の土台となる日本のわらべうたを“遊びの伝承性”を基軸にして講師高城敏子が、それに続くわらべうたから始めるソルフェージュ指導法、その先にあるピアノレッスン導入やコダーイ自身の音楽教育概念の紹介などを講師伊藤直美が担当するという形で、多角的な内容を呈示してきました。

 

 しかし、いざ自分で実践しようとすると、いまだ、さまざまな疑問や迷いが生じているのではないでしょうか。

 たとえば、わらべうたの選曲は何を基準にしたらよいのか?そのうたの背景や子どもの思いを考えず、うたに対するイメージもあいまいなまま、安易に遊びを提供していないか?

 また、わらべうたを土台にしてその上にソルフェージュをどのように築くことができるのか?わらべうたからピアノのレッスンへはどのような方法で移行できるのか?コダーイの音楽教育では、なぜ移動ド唱法が取り入れられているのか?・・・などなど。

 

 体験エピソードはもちろん、疑問や迷いも持ちより、目の前に子どもたちを想定しながら模擬実践をし、自ら音楽体験をする・・・そんな会です。

 参加者も講師も一緒にじっくり率直に話し合うことで、ひとつでも解決の糸口が見つかり、一歩ずつ先に進むことができますように。